ニキビ跡消すには適切な治療をうけましょう~ツルスベなお肌~

種類を調べよう

婦人

多くの女性が気になっている目の下のクマ。人に見られないように、と、コンシーラーや明るいアイカラーなどで消すことに、躍起になっていませんか?クマと一口でいっても、いくつかの種類があるんです。確かに、いくつかの色があるよなぁ・・・それが種類なのです。種類によって、対処法も治療法も異なります。根本解決をはかりましょう。目の下のクマは、大きく、青色、黒色、赤色、茶色の色別4種類があるとされています。確かに青っぽかったり、茶色っぽかったりの人は多く見かけますよね。若いころから、寝不足や疲労がたまってきたときにできやすいのが、青クマです。睡眠時間を増やしたり、質のいい睡眠がとれたりすると、徐々に解消されてきます。目の周りや瞼の上を軽くマッサージすることで、血行を促し、解消されやすくもなります。黒クマは、加齢に伴い、目の下の脂肪がたまってたるみやふくらみをつくってできるものです。適切な治療によって、脂肪がとれれば解消にむかっていくといえるでしょう。

また、赤クマは、目の周囲にある筋肉が何らかの原因で圧迫されて、赤く透けて見えてしまうときに起こります。軽くマッサージすることで改善される場合もあるようです。最後に茶クマ。肌が色素沈着を起こしているときにできます。紫外線による日焼けや、乾燥、メイクによる摩擦などが、色素沈着を起こすきっかけになり、更に加齢による目の下のシワが重なって影になって茶色く見えることもあります。

そして、その人を印象付ける目元の悩みとして、クマ以外にも忘れてはならないのがたるみです。たるみは、肥満によっても、加齢によっても目の周りに脂肪が増えてしまうことで生じてきます。たるみももちろん、美容外科で治療ができます。クマとたるみ、両方を治療してくれるクリニックもあります。適切な治療を受けることで、多少お金はかかっても若々しい印象を取り戻せるのです。